マルチ商法は夢物語

マルチ商法にハマっていた過去を綴っていきます。副業にマルチ商法を考えている人、身近な人がマルチにハマって困っている人の役に立てたら嬉しいです。

脱サラは危険?マルチ商法は職歴になるのか

f:id:sorarinko:20190221112938j:image

マルチ商法をやり始めてすぐに脱サラしてしまう人がいますよね。

 まだ結果も出ていないのに・・・。

 

それ。とっても危険です!

 

「すぐに稼げるようになる!」「元はすぐ取れるから大丈夫!」という、根拠のない言葉を鵜呑みにしてはいけません。

 

マルチ商法では稼げないという理由以外に、なぜ脱サラをしない方がいいのかを今日はお話しますね!

 

 

履歴書の職歴欄に「マルチ商法」と書けますか?

 マルチ商法にハマる人は「夢が叶う」「成功する」と夢見心地な状態なので、後先考えずに行動してしまいがち。

 

特に、自己啓発セミナーで成功者の考え方に感化されているので、「即行動!即決断!」と煽られてその気になり、もともとイヤイヤ行っている会社なので「成功するため」と自分に言い聞かせて会社を辞めてしまいます。

 

会社に行っている時間をマルチ商法に使えば成功できると、甘い考えを持ってしまうんですね。

でも、どんなに時間があっても成功する人はごくわずかです。

 

そんなことにも気づかず脱サラして、毎日マルチのセミナーやミーティングに参加して、時間とお金を無駄に消費していきます。

 

勧誘して会員を増やさなければ収入は増えません。

そのためにSNSでアプローチしたり、街コン、オフ会、異業種交流会と、毎日忙しくどこかに参加しているのです。

 

初めのうちは新鮮で起業家になった気分で楽しめますが、いくら時間とお金を使っても収入にならないのでだんだんと我に返ります。

 

 脱サラしているので、収入源はマルチ商法の報酬だけ。

でも報酬があってもわずかしかないので活動費に消えてしまい、手元に残っていません。

 

そして「先行投資」と煽られて、借金をして商品を購入している人も多いので、支払い、活動費、生活費・・・と、気がつけば出費だけがかさんで貯金が底をついてしまいます。

 

 この時点で「マルチ商法をやっていてはだめだ・・・」と気づけばまだいいのですが、

 ガッツリ洗脳されているので、「もっと頑張れば成功できる」と現実逃避してしまうんですよね。

 

そして、とうとうどうにもならなくなった時には、数年の時間と莫大なお金を失っているのです。

 

 でも、そこで慌てて就職活動をしても、現実の厳しさを思い知ることになります。

 

まず履歴書。

会社を退職してから何をやっていたのか書きますよね?

その職歴の欄に「マルチ商法」と書けますか?

 

「自営業」「起業」と書く手もあるかもしれませんが、業種や内容を聞かれますよ?

 

「いや~、実はマルチ商法に騙されまして・・・」と言うんですか?

 

それとも、また嘘をかさねてうまく言いくるめますか?

 

マルチ商法は、社会的には「悪徳」です。

いい事をしていると思っているのは、洗脳されてハマっているマルチ信者だけです!!

 

 「マルチ商法をやっていました!」と胸を張って言えないことを、仕事(ビジネス、起業)と言えますか?

 

 それでもどうしてもマルチ商法をやってみたいのなら、職場の人を絶対に勧誘しないと決めて、マルチ商法の報酬(活動費を除いて手元に残るお金)が今のお給料を安定して超えるようになってから脱サラしても遅くありません。

 

 

 

 マルチ商法で1番失って困ること

 これは、お金でも時間でもありません。

1番失って困ることは「信用」です。

 

1度失った信用は、なかなか取り戻すことは出来ません。

 

マルチ信者は洗脳されている・・・と言われますよね。

洗脳されているというのは「自分で考える能力がない」ということです。

 

・これ(マルチ商法)をやったらどうなるのか?

セミナーなどで聞く話の根拠は何か?

・なぜマルチ商法は悪評なのか?

 

マルチ信者の言葉を鵜呑みにしないで、自分で調べたり考えたりすることが出来るはずなのに、そんな簡単なことをおろそかにしてしまいます。

 

「楽して金儲けをしたい」「人よりすごい生活をしたい」と自己顕示欲のかたまりで、自分の大切な友達をお金に変えてしまうマルチ信者は、簡単に信用を失えるのです。

 

会社は一人の人間として信用し雇用してくれています。

その信用を捨ててまで選んだマルチ商法で、信用を失うなんてバカバカしいですよね。

 

 

 脱サラすることを否定しているわけじゃありません。

でも、マルチ商法をやるために脱サラすることは、断固反対です!