マルチ商法は夢物語

マルチ商法にハマっていた過去を綴っていきます。副業にマルチ商法を考えている人、身近な人がマルチにハマって困っている人の役に立てたら嬉しいです。

マルチ商法の洗脳にハマった末路

f:id:sorarinko:20190211151541j:image

 

ここ数年、副業や起業がブームになっていますよね。

でも、表に見えるキラキラとは裏腹に、被害に合う方もたくさんいると感じています。

 

私も数年前に、旦那の給料以外にお小遣いが欲しくて、マルチ商法ネットワークビジネス)を始めてしまいました。

 

自分でも気がつかないうちにマルチ商法の戦略にハマっていました・・・。

 

 

 

良かったこと、楽しかったこともないわけじゃありません。

 

ただ、マルチから脱退してしばらくは、

罪悪感後悔でメンタルがずいぶんやられてしまったというのが現実です。

 

 

今、

マルチ商法に誘われてやろうか迷っている人。

マルチ商法をやり始めたけど、本当にいいのか悩んでいる人。

・身近な人がマルチにハマって苦しんでいる人。

 

 

そんな方々にマルチ商法の全貌をお伝えしていきたいと思っています。

 

 

全部を知ったうえでどうするのかを、よ~く考えてみてくださいね。

 

 ちなみに私は、そこそこのランクまでいき、ある程度の収入はありました。

(ボンヤリした表現でごめんなさい。)

 

ですが、二度とマルチ商法をやることはありません

 

今は、マルチ商法をやっていたことがバレるのが一番の恐怖です・・・。

 

 

 

 

こうやってマルチは始まった

 

 

 「もしもし?元気にしてた?久しぶりにお茶でもしない?」

 

しばらく会っていなかった友人から、突然電話がかかってきたのが始まりでした。

 

その当時は専業主婦でした。

主婦をしていると遊ぶ機会も少なく、友達と会うこともなかなかできなかったので、

お茶に誘ってもらえたのが嬉しくてもちろんokしました。

 

 

 約束した日にいそいそと友人宅へ向かうと、しばらく雑談をした後

大切な〇〇ちゃん(私)に教えてあげたい話があるんだ~」と言って、

知らない女性を招き入れたんです。

 

その瞬間!「あ!ねずみ講だ・・・」と思ったのですが、

友人の手前断ることもできず話を聞くことになりました。

 

 

妙にテンションの高い派手な女性は、

こちらがイヤイヤ聞いていることなんてお構いなしに、

いかにこの商品が素晴らしいか、いかにこの会社がすごいかを熱弁していました。

 

 

ひとしきり熱弁した後、会員になることをゴリ押しするわけでもなく、

 

「〇〇ちゃんみたいに子供がいる主婦が集まってランチ会をしているからおいでよ!

子育てのこととか聞けるし楽しいよ!!会費もいらないよ!」

と誘ってきました。

 

 

マルチ商法は、会員になるまで帰れない・・・という勝手なイメージを持っていたので、

ちょっと拍子抜けしたのと同時に登録しなくていい事に安心したんですよね・・・。

 

 

友人も「楽しかったから一緒にいこう!」と言ってるし、

ランチ代も浮くからまあいいか・・・と思い、

後日ランチ会へ行ってしまったのがその後の運命を変えてしまったんです。

 

 

 この時はまだ、マルチの戦略に引っかかているなんて夢にも思いませんでした。

 

 

 マルチ商法に勧誘されたことがある人は、同じような状況があったかもしれませんね。

 

ほとんどのマルチ商法は似たような手口で勧誘してきます。

 

 

 

 マルチ商法に引っかからないためには?

 

 

 最初の電話がかかってきた時に、きっぱり断ってしまうのが1番です!

話を聞いてしまうと、もっと断りにくくなってしまうからです。

 

 

とはいっても、

「お茶しよう!」と誘われただけでマルチの話かどうかを判断するのは難しいもの。

 本当に純粋にお茶に誘われただけだったら、悲しいですもんね。

 

なので、ちょっと怪しいなと思ったら「マルチじゃないよね?」と確認してください。

 

でも最近は「マルチじゃないよね?」と聞くと、

「全然違うよ~。会わせたい人がいるの!」とか、

「マルチじゃないよ!MLMだから安心だよ!」なんていう強者もいます。

 

MLMとは、マルチレベルマーケティングの略でネットワークビジネスの別名です。

ネットワークビジネスマルチ商法なので、呼び方は違いますが同じものです。

 

どちらにしても、勧誘目的を告げないこと特定商取引に関する法律」に違反しているので堂々と断ってくださいね!